読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕凪亭別館

本館 http://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/index.htm        博物誌インデックスhttp://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/Naturalis/Naturalis001.htm        植物誌インデックス http://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/plants/plant001.htm

因島重井町 峯松山鐘楼線

しげいみち

白滝山登山道のうち、最近の白滝フラワーライン経由は別にして、表参道以外に最もよく利用されたのは、鐘楼の下から南西に伸びる尾根を峯松山(峯松神社)から登るルートである。これを峯松山鐘楼線と呼んでおく。ただし、峯松山への登山道をも含むことにする。峯松山への登山道は、大浜往還(古道)の、川口、久四郎屋の裏、とうす屋の上を起点とした。しかし、今は竹薮で覆われて通れなくて、峰松講の方によって灰の奥口から登るコースが整備されているので、これを暫定的に峯松山鐘楼線と呼んでおく。

2015.5.6.やっと旧峯松山登山道が開通しました。

峯松山登山道

こちらが便利です。でも、薮の中を通ります。

 

以下、灰の奥口からの登山道も残しておきましょう。

なお、この起点は大浜往還(古道)とも接しており、また灰の奥鐘楼線の起点とも共通である。

 

その1 起点(灰の奥口)より灰の奥鐘楼線合流点まで

f:id:crystal23:20150123005934j:plain

 

 

起点。灰の奥口。

峯松神社鳥居。この鳥居の先で、右折して白滝山鐘楼を目指すのだが、その前に峯松神社に参拝するのがよいだろう。

2014.12.10.灯籠があるから、この前の石段を上がる。

2014.12.10.峯松山。

再び白滝山を目指そう。このまま奥へ入るとすぐに右折してもよいし、引き返して、岩に沿って左折しても同じところに出る。

尾根道を進むと灰の奥鐘楼線と合流する。灰の奥鐘楼線合流点。

その2 灰の奥鐘楼線合流点から鐘楼まで

合流点鐘楼線



しげいみち