夕凪亭別館

本館 http://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/index.htm        博物誌インデックスhttp://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/Naturalis/Naturalis001.htm        植物誌インデックス http://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/plants/plant001.htm

1968年

Lost Days

1968年(昭和43年)

1968年1月1日。月曜日。元旦。曇り。

 11AM.起きる。2415AM.消灯。

 また今年も正月がやってきた。今年は去年ほど苦しまなくていいだろう。だが,決してダルになってはいけない。

 今年こそはみのりの多い年にしたいものだ。

 

1968年4月16日。火曜日。晴れ。

 身体測定。昼食時間のチャイムと同時に図書室へ。EGを少しやる。

「十五少年漂流記」ヴェルヌ著,金子博訳を借りてくる。たいへん面白い。

 

1968年4月17日。水曜日。晴れ。

 6時20分。左手後方ちょうど,初夏の太陽が山の向こうに沈もうとしている。すごくきれいだ。

 

1968年5月1日。水曜日。

 young 空はくろいよ 心はハレテルヨ ダカラネルヨ

 

1968年5月12日。日曜日。晴れ。

 24時40分になろうとしている。当分の間日記というものを書いていない。程度がグーンと高くなったので必死である。

 ラジオ講座は案外難しいので困る。

 

 

1968年8月24日。土曜日。晴れ。芥川の「報恩記」を読む。他のが読みたい。

 

1968年8月26日。月曜日。晴れ。雨。

姉が大学へ帰った。万年筆を置いていった。感謝。感謝。昨日から亀井さんの「青春論」を読んでいる。なかなかすすまない。

 

1968年8月28日。月曜日。降ったり、やんだり。台風10号あり。夕暮れの空を、さっき降り出した雨が暗くした。外はだんだんと暗くなっていく。夕暮れの雨、夏の終わりを告げているようだ。

午後7時、下で夕食の準備ができたと言っている。

 

 

 

Lost Days

 

広告を非表示にする