読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕凪亭別館

本館 http://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/index.htm        博物誌インデックスhttp://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/Naturalis/Naturalis001.htm        植物誌インデックス http://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/plants/plant001.htm

一本松周辺

白滝山研究目次

一本松周辺のモニュメントです。

伝六ロードは看板にあるように燈籠が両端にあります。

南の燈籠のあるところが一本松です。ここにはかつて大きな松がありました。

その写真は私が写したものが一つ、これはブログにもいぬるしまにも載せてもらっております。昭和50年から51年の頃のものです。

それから大出勝さんが写されたものがありました。

地名として有名であるばかりでなく、干拓遺構でしたが、最近はその面影も次第になくなりかけています。

ただ、モニュメントがたくさんあるので、小公園として活用できます。

その前に、山田口の半鐘台があったところも書いておきましょう。

 

山田口半鐘台

ここには道路改修碑と道標があります。

また、村四国の遍路道がここを通りますので、ここで説明しましょう。

一番が一宮です。これは島四国の中に入っています。

23番がここの半鐘台下から少し南へ行ったところです。

道路標識は左なかのしょう、右はぶたくま

とあります。棚子山越えを考えてみましたが、海岸通りに近い道だったと思います。ただ、小田浦へ出るのは清掃センター北の信号に出ずに、てまえで左へ変わったかなと思います。

それ以前の古い道ならば、中庄が中心で四通八通していたから、中庄まで行けば、どこへでも行かれたわけです。

通り谷越えというのが重井にも中庄にもありますが、中庄側がかなり複雑です。

中庄の鹿穴へ出て、馬の背峠を向うへ越えれば松愛童、JAの前付近に出ます。そこまで出ずに西へ登れば西浦峠へ出ます。

今の中庄へ行く道が早くから開けていたと思います。

 

広告を非表示にする