夕凪亭別館

本館 http://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/index.htm        博物誌インデックスhttp://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/Naturalis/Naturalis001.htm        植物誌インデックス http://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/plants/plant001.htm

因島 白滝山と伝六年譜

白滝山研究目次 白滝山リンク集 

白滝山と伝六年譜(年齢は伝六の数え年)

永禄12年(1569)6代村上吉充、因島全土を掌握(小早川隆景の指示による)し青木城(本城)を築城。本城の控えの要害として白滝観音堂(堂主、➡️常楽院静金)建立。

慶長5年(1600)柏原土佐守忠安の次子忠親、重井川口に居住。

寛永12年(1635)因島8ケ村に分村。重井、中庄、大浜、外浦、鏡浦、椋浦、三津庄、公庄(土生、田熊)。

天明元年(1781)柏原伝六生れる。

文化2年(1805)25才。伝六2月23日西国三十三番札所参拝へ出発。4月13日帰省。

以後、家業(農業兼木綿問屋)を放り仏道修行に入る。(17年間)

文化13年(1816)近隣島々に四国八十八所御本尊を勧進。白滝山頂に祭祀。

文政5年(1822)42才。霜月6日伝六後悟達す以後「観音堂一観」と称す。

*古い資料では文政9年(1826)頃「観音堂一観」と称すとあるが、誤解である。

文政6年(1823)43才。伝六白滝山観音堂整備、多宝塔建立。

文政7年(1824)44才。伝六自画像・書など記す。➡️伝六の遺墨

文政8年(1825)45才。伝六4~5月約50日間、弟子の峯松嘉七(18才)他2名を代行伝導させる。岡山、兵庫、京都、鳥取。一日に500から1000人の加持祈祷をしたという書信が重井に届く。(峯松嘉七は正賀屋初代。)

文政9年(1826)46才。8月8日。京阪神の信者寄贈なる白衣観音の入仏式挙行。本堂右側へ安置。

文政10年(1827)47才。正月より柏原林蔵が責任者となり石仏工事に着手。記録・勝手方に峰松初五郎が当たる。柏原林蔵は宇根家3代、峰松初五郎は新屋2代。

11月釈迦三尊大石仏完成。(山頂広場、北面)

文政11年(1828)48才。2月阿弥陀三尊像完成。(山頂広場、展望台階段の右手)。本土、近隣の島々に伝聞され多数の参拝者で賑わう。

3月15日伝六没す。9月伝六墓所に埋葬される。

文政13年(1830)林蔵着工以来三年三ヶ月籠山の後白滝山五百羅漢完成。

天保5年(1834)八幡宮、善興寺へ仁王像建立。(寄進者 村上十兵衛、柏原林蔵)

嘉永3年(1850)重井村四国八十八カ所霊場建設(伝承)。(村四国)

安政6年(1859)白滝山観音堂再建。

明治元年(1868)神仏分離令により八幡宮仁王像、白滝山中腹へ移転。

明治4年(1871)白滝山観音堂、善興寺奥院となる。

明治42年(1909)白滝山に仁王門落慶

明治45年(1912)因島四国八十八カ所霊場建設。(島四国、新四国)

大正8年(1919)白滝山庫裏、鐘楼再建。

大正14年(1925)白滝山道路改修工事。

昭和2年(1927)伝六一観居士百回忌法要。

昭和6年(1931)西洋館(現・ペンション白滝山荘)建築。

昭和10年(1935)広島県農事試験場除虫菊試験地設置(伊浜)。

昭和11年(1936)歌人吉井勇、白滝山に登る。

昭和24年(1949)白滝山梵鐘新調。

昭和30年(1955)因島白滝公園保勝会設立。

昭和31年(1956)白滝山等国立公園指定。

昭和34年(1959)白滝山上に平和一神和石建立。

昭和41年(1966)白滝山「五百羅漢」市史跡文化財指定。

昭和52年(1977)伝六一観居士百五十回忌法要。

平成元年(1989)白滝フラワーライン開通。百華園開園。

平成2年(1990)3月。滝山林道完成。(滝山は字名)。9月27日。市水道山頂まで完成。(工事費約1000万円)。

平成3年(1991)9月。台風19号により鐘楼、石仏等被害多数。

平成6年(1994)4月。広島県公園整備事業により山頂に水洗トイレ完成。(工事費1900万円)。

平成7年(1995)10月。白滝山鐘楼再建。

平成11年(1999)白滝山歩道改良工事完成。予防治山事業完成。舞台再建。梵鐘新調。

 

重井町文化財協会による資料を一部変えてあります。

 

 

このことを簡単に記すと次のようになります。

白滝山は因島村上氏6代の村上吉充が1569年(永禄12年)、13年間いた向島余崎城から重井の青木城に帰ってきた時、観音堂が建てられたことが、記録に出てくる最初です。

吉充は、その時細島にいた山伏の常楽院静金を堂主にしております。このことには二つの理由が考えられます。まず、白滝山が修験道者によって修行の場として用いられていたこと。それに、細島にいた修験道者を味方にすることです。

そして、ここに観音堂を開く意義は、東側の備後灘を見張り所を置くことと、白滝山が青木城の背後の要害となるということです。

 

1588年(天正16年)の刀狩り・海賊禁止令、1600年の関ヶ原合戦後の山口転封によって村上氏の時代は終わります。

 

 

 

 

 

白滝山研究目次 白滝山リンク集